銚子つみれ汁の特徴

銚子つみれ汁学会では、確認事項として『イワシのつみれ汁』とはせず、『銚子つみれ汁』とすることとしました。何故なら、銚子以外の地域では『青魚』を主原料とすることが多いのに対して、銚子のつみれは青魚以外にも多くの地魚を原材料としていることが、銚子のつみれ(さかな団子)の特徴だからです。

本来つみれ汁は、漁師料理から家庭料理として食されるようになったものです。銚子でも「つみれ汁」「(さかなの)団子汁」と称され親しまれてきました。各家庭では、さかなからすり潰して作ってきました。汁の味も具材も、銚子で生産されたものを使い、いっぱいのお椀の中を、銚子づくしで食べることが今でも続けて行われています。


銚子つみれの特徴

一つ、原材料は銚子の地魚、前浜で水揚げされたものである。
一つ、汁の調味料は銚子で醸造され、または生産されたものである。
一つ、汁の具材は、銚子で生産された野菜、または採取された海藻類である。